年上・お姉さん好き専門オナクラ 女性求人 お姉さんの指先

初めての方へ
初めての方へ メイン画像
年上の女性が好きな男性って?
男性は生まれながらにして「年上好き」。
女性が年下の男の子、小さな男の子を可愛いと思う理由を「生まれ持った母性本能」というのなら、男の子が母性への甘え、愛を求めるのも本能。しかも、幼少期に芽生え、肉体的にも精神的にも成熟した現在まで、ずっと長い年月心に根ざしている感情ですから、決して一時の好奇心なんかでもありません。
初恋の相手が年上であることも多い。
異性への好奇心が高まる時期、最も身近にいるのは同世代の女子。しかし彼女たちはまだまだ発育途上なわけですから、より完成された異性「年上の女性」に関心が向けられるのは自然なこと。それこそが、自分より性的に発達した上級生や先輩、近所のお姉さん、時には学校の先生、友達のお母さんだったりするのです。
「若い子好き」と「年上好き」は根本が違う。
いい大人になっても「とにかく若い子が好き」という男性はいます。しかし、それは「年上好き」の精神的な願望に比べると「新しいもの、珍しいもの」に対する興味や好奇心…そんな浅い欲求に過ぎません。横並びに「どちらが好きか?」と、質問するようなことですらないのです。
「こんな普通の男の子が…年上好き?」の理由
「絶対若い子がいい!」という男性は思春期に自分の思う経験、満足な体験ができなかったタイプが多いとか。大人になって自由に遊べるようにって、やっとあの頃の…ってことでしょうか。一方、同年代や年下にはもういい、いつまでも憧れの年上女性を追いかけている…これに、見た目も普通以上、「普通に彼女もいた」そんな男性が多いのです。
年上の女性にどうされたいのdousaretaino?
イメージ画像
「可愛がって欲しい、優しく微笑んでもらいたい、見守って欲しい、びっくりして欲しい、たしなめてほしい、注意してほしい、しかってほしい、あきれて欲しい、それでも仕方ないかと認めて欲しい…」
これが、当店のコンセプト「年上女性オナクラ(オナニークラブ)」を好む男性の主な思考。
なにか思いませんか?そう、まるっきり小さな子供そのものではないですか。
男の子が母性を求めた先にあるもの、それは
「少年に戻って、あの頃、本当にしてみたかった事を…」
女性から見れば本当に他愛もない、でも確かにちょっと可愛い、そんな衝動ばかりだったのです。
「決して、全てが思いのままになってしまわないこと。」
子供のように心を開放して…つまり、少年時代に戻りたいのです。
オトナのように必要以上に恥ずかしがったり、体裁やメンツを気にするのでもなく、意思がおもむくままに、
あのころのドキドキやトキメキを取り戻したいのです。では、開放感や満足感に必要なものとは何でしょう?逆に不必要なものは?
夢や幻想というエッセンスは欠かせません。そして「なる、なりきる」の世界で、いきなり現実社会に引き戻されるようなものは一切不要。
それこそ夢がありりません。さらに「甘えもわがままも、どうにか叶ってしまいそう…だけどそうはいかない。」
この絶妙なやるせなさ、いじらしさ、ほろ苦さも重要です。
求めているのは「大人の財力に物を言わせる、お金次第で何もかも手に入る」リアルで現物主義的な世界ではないのです。
こうして年上の女性専門オナクラは誕生しました。
近日新店オープン予定につき全エリアで緊急大募集いたします!そ・こ・で・・・今面接に来ていただけた方だけに入店お祝い金3万円を進呈いたします。